歯科医師の紹介

院長挨拶

スペシャリストよりも、万能な歯科医師でありたい
パークタウン歯科 院長森川広一

この度はホームページをご覧いただきましてありがとうございます。品川の八潮パークタウン(八潮団地)内にあるパークタウン歯科の院長の森川広一です。

私は何でも相談できる「かかりつけ歯科医」を目指しています。

皆さまは、かかりつけの歯科医をお持ちでしょうか。
私は、皆さまが歯や歯茎などお口の中のことでお困りになったときに、お気軽に何でも相談できる歯科医でありたいと考えています。


大人であっても歯科医院に対し、「怖い」「痛そう」「できることなら行きたくない」と敬遠している方は意外に多ものです。実際、歯がズキズキ痛み出したり、咬むと痛い、物がしみる、などといった症状が出始めてから、ようやく歯医者に足を運ぶという方は少なくありません。

けれども、まだ痛みが出ていない初期の段階から治療を始めれば、治療期間の短縮や、
治療するときの痛みの軽減をはかることができます。変な話、治療費も多く掛からずに済みます(笑)


自分のお口の中は、ご自身ではことこまかに見ることはできません。3カ月から半年に一度、チェックに行く感覚で、定期的に歯科検診を受けてみてはいかがでしょう?

そのためには信頼できる、かかりつけ歯科医を持つことです。そして定期的にお口の中を診査しておけば、虫歯や歯周病の発症予防や早期発見・早期治療をすることができます。

人間生活の基礎である「衣・食・住」の一端であり、同時に人間の最大の楽しみのひとつである食事を存分に楽しめるのも、健康な歯があってこそ。食事をおいしく味わえるということ、自信を持って笑えるということは、実りある豊かな人生を送る上で欠かすことのできない喜びです。

常に「自分だったらどんな治療をして欲しいか」を考えています

常に「自分だったらどんな治療をして欲しいか」を考え、治療にあたっています

痛みの少ない治療
「痛みの少ない治療」が当院のモットーです。人によって痛みの感じ方は異なりますが、基本的には麻酔薬を用いれば、痛みは取り除くことができます。

痛みの少ない治療をする為には>>>

常に「自分だったらどんな治療をして欲しいか」を考えています

常に「自分だったらどんな治療をして欲しいか」を考え、治療にあたっています

自分がしてほしい治療、対応をご提供する──。
勤務医、スタッフ、当院の全スタッフが、同じ思いで治療にあたっています。

自分でお口の中を見る機会は少ないですよね?また、歯や歯茎の治療はどのように進められていくのか、それもなかなかわかりにくいもので、治療に入る前に不安に感じている方が多いのもよく理解できます。


そんな皆さまの不安を解消し、安心して治療をお受けいただくため、当院では常に“わかりやすい説明”を心掛けています。
治療の選択肢が複数ある場合は、それぞれのメリットとデメリットも必ずお話しして、ご納得いただけるようにしています。

治療の主役は患者さんご自身です。気になる予算に関しても、事前に明確にお話しいたします。
患者さんがご満足いただける治療法を一緒に探していきましょう。