HOME > 歯を失った時の治療

歯を失った時の治療

3つの選択

患者さんの現在のお口の状態や症状に合わせてブリッジ入れ歯インプラントの中から最適な治療をご提案させていただきます。
患者さんの歯の状態によっては出来ない治療もございます。まずはご来院いただいて状態を把握しましょう。
状態を確認させていただいて、適切な治療を行っております。

【パークタウン歯科で行っている歯が抜けた時の治療】
ブリッジについてはこちら>>
入れ歯についてはこちら>>
インプラントについてはこちら>>

ブリッジ

ブリッジ

両隣の歯を削り、その歯を架け橋にして歯を補填する治療方法です。
保険が適応になり安価で行える治療ですが両隣の歯が残っているという事が適応条件になります。両隣の歯が使えるかどうかは診察してみなければ分かりません。

お口の中をチェックして適応出来るかどうかをご判断させていただきますのでご希望の方はまずはご来院いただき診察を受けましょう。

入れ歯(義歯)

入れ歯(義歯)

ほとんどの症例に適応になる治療です。
入れ歯には総入れ歯と部分入れ歯があって、それぞれ保険と自費(保険外)の入れ歯があります。

保険の部分入れ歯は、基本は両隣の歯に金属のバネをかけて歯を補填する治療方法です。失った歯の数や部位によって、形やバネのかかる位置が変わってきます。

歯を全て失った場合には総入れ歯となります。
歯が無いので金属のバネは使用しません。
入れ歯の材料はレジン(プラスチック)で出来ていて、強度を持たすためある程度の厚みが必要なので、
多少なりとも違和感が出てしまいます。

自費(保険外)の入れ歯は材料を選べるので「痛くない、違和感が無い入れ歯」「目立たない入れ歯」など患者さんのご要望に合わせた入れ歯を作成する事が出来ます。

作成期間、費用含めてご相談を承っております。

パークタウン歯科で作成出来る自費の入れ歯の種類

ノンクラスプデンチャー
ノンクラスプデンチャー

部分入れ歯特有の固定するためのバネの無い、金属を使用しない入れ歯です。
バネ(金属)で固定する入れ歯はどうしてもバネ(金属)の掛かる歯の審美性が落ちてしまいますが、金属を使用しないので見た目も良く金属アレルギーの心配もありません。

金属床(チタン床)義歯
金属床(チタン床)義歯

特に上の総入れ歯などに最適です。

上の総入れ歯は口蓋(上顎)を覆わないと落ちてくるのですが、保険の入れ歯はレジン(プラスチック)でできている為、厚みを持たさないと強度を得られないため、発音や味覚が阻害されます。
又、使用できる人工歯も限られている為、審美的にも満足できる物が得られないかもしれません。
金属床は口蓋に金属を使用する事で薄くする事ができるので発音や味覚が改善されます。
使用する金属は何種類かあり、選ぶ事ができますが、当院では頑丈で軽く、アレルギーの心配の少ないチタンをおすすめしています。

又、オーダーメイドの人工歯を使用する事ができるので天然歯に近い審美性を得る事ができます。

インプラントやマグネット(磁石)の入れ歯への応用
インプラントやマグネット(磁石)の入れ歯への応用

入れ歯の口腔内での固定源としてインプラントやマグネット(磁石)を利用する事により、部分入れ歯特有のバネ(金属)の使用を減らす事ができます。

上の総入れ歯は口蓋(上顎)を覆わないと落ちてくるので、発音や味覚が阻害され強い違和感を感じられる方も多いのですがインプラントやマグネットを利用する事で入れ歯が落ちてくるのを防ぐ事ができるので口蓋を覆わずに済み、快適に入れ歯を使用する事ができます。

インプラント

インプラント

インプラント治療とは、歯が抜けてしまった場所の顎の骨に人工歯根(素材として長期間安定使用ができる純チタンを用いています)を埋め込み、噛む機能を回復させる治療法です。

ただ、顎の骨がしっかりしていない場合は埋入が困難になる為、歯周病の治療や骨造成の治療が必要となります。
よって、個人個人で埋入できる本数やサイズ、治療後の歯の形態、治療期間や費用等が変わってきます。


CT撮影

骨の状態を把握し、インプラントを安全にかつ正確に埋入する為には、CT撮影が必要不可欠となります。

今までは連携病院等に行って撮影して来て頂いてましたが、わざわざ行って頂くご足労と費用も2~3万掛かっていた為、H25年9月にCTを導入致しました。
これにより比較的安価で即日に対応が可能となり、患者さんの負担を減らす事が出来る様になりました。


まずは気軽にご相談ください!
なるべくご希望に添えるよう、患者さん各々の治療計画・諸費用をご提案させていただきます。
やる、やらないはそれからで構いません。治療費の支払いも、当院専用分割払い(無利息) や歯科医院専用のデンタルローンをご利用いただけます。