HOME > 口腔外科

口腔外科

顎関節症の治療

顎関節症の治療

顎の関節を中心に、その周囲に起こる障害を総称して顎関節症といいます。
具体的には、「顎が痛い」「顎がつかれる」「顎を動かすと音がする」「口を大きく開けられない」などの症状が現れます。
噛み合わせの異常やストレスによる筋肉の過緊張、歯ぎしりや食いしばり、その他の生活習慣など、さまざまなことが原因と考えられています。

それらの原因を除去していくためにスプリント(マウスピース)を使用していただきます。
スプリントを装着する事により、筋の緊張を緩和させるとともに、顎関節を保護します。

ただ、スプリントを使用していただくだけでなく、患者さん 各々の生活習慣等をカウンセリングすることにより、ストレスや習癖等の原因の除去にも勤め、場合によっては噛み合わせの調整や噛み合わせをできるだけ正常にする為に、親知らずの抜歯、矯正治療、虫歯や歯周病の治療、入れ歯や被せ物の治療が必要となる場合があります。

治療を開始する前に十分にカウンセリングを行い、納得していただいた上で治療を進めてまいります。

親知らずの抜歯

親知らずイメージ
親知らずは全てが抜かないといけないか?と聞かれると
決してそうではありません。

上下の親知らずが真っすぐ萌えて咬み合っていて、
かつ頬や舌が歯ブラシの妨げにならないで、プラーク(歯垢)コントロールが良好に行われており、虫歯や歯周病が進行していなければ抜く必要はありません。



ただ、曲がって萌えていたり、歯肉から頭の一部だけが見えている歯などは、プラークが付着しやすく、プラークコントロールが不良だと、智歯周囲炎といって親知らずの周囲に炎症が起きて痛みが出て来たり、虫歯になりやすい状態にあります。
そういう歯は一度治してもまた虫歯や歯周病になるリスクが高いので抜く事をおすすめします。

何らかの疾患をお持ちだったり、全身麻酔が必要なケース等、当院で対応出来ない場合は近隣の連携病院を紹介させていただきます。

連携病院はこちら>>