パークタウン歯科ブログ

2017年9月 7日 木曜日

歯ブラシ

時々、硬い歯ブラシが好きだから使っているという話しを聞きます。好みにより、硬い方が磨いた感じが得られるなどありますが、実際は歯間部分や歯と歯茎の境目いわゆる、歯周ポケットにブラシの先が届きにくいことが多いです。硬いブラシでも上手に磨けている方もお見かけしますが、硬いブラシを使用していて、上手くブラシングができていない方の方が多いように思います。
できれば、普通のタイプのブラシが好ましいです。ブラシ圧のコントロールもしやすいですし、細部に渡ってブラシが届きやすいです。では柔らかめならもっといいのかというと、柔らか過ぎても、かえって力が入り過ぎてしまい、毛先が折れてしまったり、歯間や歯周ポケットの大事な部分に毛先が入らなかったりすることもあります。歯茎が傷ついていたり、お口の中に何らかのトラブルがあり、普通のブラシでも歯磨きが痛い時などに柔らかめを使用するなど、状況によって使い分けるのが理想的です。


pic20170907125430_1.jpg

投稿者 パークタウン歯科