パークタウン歯科ブログ

2015年1月 6日 火曜日

どうして、根の治療をするの?根の病気って?

神経まで進行してしまった深い虫歯は、神経を取り除く治療が必要です。
神経の治療を途中で止めてしまい、放置した状態にしてしまうと、根が腐ってしまったり、歯がボロボロになって、最後は歯を抜かなければならなくなってしまいます。
深い虫歯で侵された歯(根の中)
は、ばい菌の住みかになっています、そのばい菌たちを取り除く為に消毒を繰り返すのですが、1回や2回ではなかなか消毒仕切れず、根気のいる治療です。
途中で放置してしまう方も少なくありません。
一気に治療することもできないのがこの根管治療の特徴です。一つ一つ、階段を上るようなイメージで、最後まで治療を完了して、また再び、
美味しく噛んで食事をする為にも、歯を大切にしてください。夜、お休み前には歯磨きしましょう。


投稿者 パークタウン歯科