パークタウン歯科ブログ

2014年12月19日 金曜日

歯周病予防

歯周病は、磨いたつもりでも細かいセルフケアは難しいものです。歯周病の初期は痛みや自覚症状が少ない為に、知らず知らずのうちに進行してしまいます。
一番の歯の喪失原因となっています。成人の8割の方が歯周病を抱えているといわれています。歯周病の初期は歯ぐきが軽く腫れる程度で痛みがないことが多いのですが、更に症状が悪化すると、歯の周りの歯ぐきや歯を支えている骨が破壊され、ぐらつき、歯を失ってしまいます。
歯周病予防には、まず、歯科医院で歯周病検診を受けることが大切です。セルフケアと歯科医院でのプロケアの両方できちんとした、歯周病予防ができます。
磨いたつもりが実は磨けていない箇所は、ほとんどの方に存在しています。その箇所がどこなのか?どうすれば上手く磨けるのか、歯医者さんに聞いてみるのがセルフケアの意識への高まりにもつながります。是非半年に一回は歯科検診を受けましょう。


投稿者 パークタウン歯科