パークタウン歯科ブログ

2014年12月19日 金曜日

虫歯治療

虫歯があったので先生に治療してもらいました。
幸いそんなに大きな虫歯ではなく、小さなものだったので、削って樹脂を詰めるだけで痛みもありませんでした。

小さい虫歯だと、治療も長引かずに1日で終わることが多いので検診で定期的に来院されることをおすすめします!
3ヶ月から半年ぐらいに一度が理想です。

私は奥歯の噛む面の溝に虫歯ができやすいので、歯磨きをしっかりしたいと思います。

投稿者 パークタウン歯科 | 記事URL

2014年12月19日 金曜日

フィールサイクル

フィールサイクル
フィールサイクルサイクルというエアロバイクのジムに通い始めて2ヶ月がたちました。
最近多いときは週5ぐらいで通ってるおかげか、5キロ痩せられました。
達成感が得られて楽しいです。

最近はクリスマスの曲集だったり、ビートルズのカバー曲を使ってのレッスンが楽しいです。
もっともっと体力つけたいです。

投稿者 パークタウン歯科 | 記事URL

2014年12月19日 金曜日

歯周病予防

歯周病は、磨いたつもりでも細かいセルフケアは難しいものです。歯周病の初期は痛みや自覚症状が少ない為に、知らず知らずのうちに進行してしまいます。
一番の歯の喪失原因となっています。成人の8割の方が歯周病を抱えているといわれています。歯周病の初期は歯ぐきが軽く腫れる程度で痛みがないことが多いのですが、更に症状が悪化すると、歯の周りの歯ぐきや歯を支えている骨が破壊され、ぐらつき、歯を失ってしまいます。
歯周病予防には、まず、歯科医院で歯周病検診を受けることが大切です。セルフケアと歯科医院でのプロケアの両方できちんとした、歯周病予防ができます。
磨いたつもりが実は磨けていない箇所は、ほとんどの方に存在しています。その箇所がどこなのか?どうすれば上手く磨けるのか、歯医者さんに聞いてみるのがセルフケアの意識への高まりにもつながります。是非半年に一回は歯科検診を受けましょう。

投稿者 パークタウン歯科 | 記事URL

2014年12月19日 金曜日

歯ぎしり

睡眠中の歯ぎしりはみなさんが想像する以上に歯に大きな負担をかけています。
歯ぎしりそのものをしているという自覚症状は当然睡眠中のことなのでありません。一緒に寝ている家族からの指摘などで自分が歯ぎしりをいしていることに気がつくもあるでしょう。もし歯ぎしりをしているいうことがわかったら、歯科医院でナイトガード、または歯ぎしり防止の為のマウスピースについて相談をオススメします。
歯ぎしりは自分で意識して止めることはできません、歯ぎしりをしてしまうことで歯に対して様々な障害を引き起こします。その歯を保護するためのものがナイトガードになります。上、又は下の歯に、薄いシリコン状の歯型のカバーです。それを就寝時に、装着し、歯ぎしりをしても、直接、歯と歯が擦れ合いすり減ったり、ギシギシ揺らされる事がないように保護します。
歯ぎしりで歯がすり減ると、やがてエナメル質が破壊され、重度の知覚過敏症を引き起こしたり、いつも歯がギシギシ揺らされていると、歯周病の進行を早めてしまったり、他にも様々な障害を引き起こしてしまいます。
顎関節の違和感、痛みや、歯、歯ぐきの違和感などの症状がある場合は、歯ぎしりが原因の可能性もあるので、
歯科医院への受診をお勧めします。当院は、特別な事がない限りナイトガードは保険内の取り扱いで行っていますので、是非ご相談下さい。

投稿者 パークタウン歯科 | 記事URL

2014年12月17日 水曜日

親知らずの抜歯

親知らずを抜くとなると、”痛い”、”腫れる”
などのイメージが大きいですよね。

私自身もその気持ちが強くてなかなか抜けずにいたのですが、先日ついに思い切って片方の親知らずを抜いてもらいました。

抜く時は麻酔をしてるので全くといっていいほど痛みがありませんでした。
そして抜いた後も腫れることなく済みました。

もちろん個人差はありますが、特別に大変なことはないと思います。

今までは抜くことにとても勇気が必要でした。
でも今は大変だというイメージも和らいで、とにかく抜いてよかった!の気持ちでいっぱいです。
私個人としてはもう一つも抜きたいと考えているほどです。


抜きたいけどどうしよう…と悩んでいる方がいたら、まずは先生と相談してみてはいかがでしょうか。



投稿者 パークタウン歯科 | 記事URL