パークタウン歯科ブログ

2013年12月 1日 日曜日

お題 バイブル

リリーフランキーさんの作品の
誰も知らない名言集、美女と野球、エコラム、このエコラムは、絵とコラムの本だからエコラム、ecoでもなんでもないけど、この辺りのリリーさんの
著書は、私のバイブル(聖書)と言ってもいいほど大好きです。
東京タワーという、真面目な作品もあるし、俳優として、リハウスのCMで深津絵里さんと共演
福山雅治さんと映画、そして父になるでそこはかとなく、癒し系や、純朴な父親役が印象的です
この前は、極悪な役も演じた映画もありました。
でも、リリーさんの著書を一読したら最後、大好きになります。なって欲しい!
一つの出来事の目の付け所が、普通みんなが本当は思って止まないところをいい感じで
触ってくれてます。
ただそれがどんなにナイスな作品だったとしても、他人から不意打ち、読んでみて!って渡された時ほど、辛いノルマのようにのしかかるものはありません。私も不意打ちの出来事に帰りに寄ったお店にわざと置き忘れたことにしようかと魔がさしたこともあります。そんなことしたことないけどね、実際。
とにかく読まずに感想は言えないし、読む時間がなくて…とか
目が痛い…とか
の言い訳は通用しない、絶対に避けては通れないノルマを課せられた時のやっちゃう斜め読み、すっ飛ばしの結末だけ読み、ネットでネタバレ記事探して丸暗記、例えそれが自分の中でのベストヒット でも、そのおすそ分けはけっこう迷惑という展開を生むのでやっちゃダメです。だから、私はリリーさんの著書がどんなに素晴らしいかも知り、普段読む用と、キレイに取っておく用と二冊ずつ全部持ってる自分なんだけど、是非読んで!って人にナマを渡すことはありません。たまに紹介したくなって熱く語ってしまうけど。
ある時、書店でリリーさんの本を探して探して、見つけられず
、たまたまそばで品出しをしていた店員の方に、リリーさんの著書の題名を尋ねたら、かなり
店内を探し回ってくれた挙句、
一冊の本を手に、ニンマリ笑って、
これ、最高ですよ、
リリーフランキー、いいですよね。
(私)ですね。
その時の、この二言、三言の会話の行間に、決してベストセラーではないけど、味の深み知ってるね、あなた!
の、言葉にならない言葉、
知る人ぞ知る、知らない人は一生知らない、
リリーフランキーワールド、
口にはしないけど、
本当は大好きな人がけっこう近くにいたりするみたいです。



投稿者 パークタウン歯科