パークタウン歯科ブログ

2013年4月30日 火曜日

虫歯は治らない?

歯は硬いエナメル質と、比較的柔らかい象牙質とに分かれています。厳密に言 うと、むし歯(脱灰)がエナメル質で留まっているのであれば、フッ素などで歯 質を強化すればむし歯は治すことができます。しかし、象牙質に到達したむし歯 には、一般的な病気や怪我のような自然治癒を期待することが出来ません。

象牙質は、象牙細管というストローのような組織によってできています。この 象牙細管は、神経や血管を持つ歯髄につながっています。「むし歯が痛い」と感 じた場合、この象牙細管が外部に出ているため、口の中の環境と歯髄がつながっ てしまっているのです。これを象牙質う蝕と呼んでいます。確かに 病気ではあるのですが、自然治癒が期待できないこと、医療としてできるのは歯 の形と機能を回復させることに限られます。つまり、 象牙質までむし歯を到達させないよう定期的なチェックが重要なのです。 も ちろん、その方が長期的には歯科に掛かる医療費を節約できます。

投稿者 パークタウン歯科